FC2ブログ

一応日記みたいな感じで…

コソコソおたくの戯れ言。馬鹿なことを一生懸命やるから面白いんだ!!

2007.10
<< 09 /1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 11 >>

■ 2007/10/22 (Mon)  スザク対ユフィ・ルルーシュ・ナナリー。

なんのひねりも無いタイトルですが、スザクをユフィ・ルルーシュ・ナナリーとの関係性から語っていきたいと思います。

その前に、これまでのスザクまとめ。
トラウマとナルシシズム」でやったまとめにちょいと手を加えてみました。

『スザク人格表』(と名付けてみる)
0.未だ明らかにされていない父殺しの動機[(俺)スザク深層?]
1.無意識に抑圧されたスザクの本質 [(俺)スザク](STAGE23?)
「父殺しの後悔」+「結果主義」→「生きるための自己否定」
(ルルーシュが「ブリタニアをぶっ壊す」と言った記憶もここに抑圧)
2.反動形成によって無意識に思い込んでいる欲求 [僕スザク深層](STAGE16?)
「父の死の肯定」+「過程重視」←「自己肯定のための死にたがり」
(マオによって暴かれた)
3.抑圧の結果としてのナルシシズム的価値観 [僕スザク表層](STAGE1?)
「ルール重視」←「ブリタニア社会で認められたい」

9巻ピクドラで語られたのが1。ルルナナとの別れからSTAGE1の再会時までに形成されたのが、2?3。逆に本編では3→2→1の順にスザクの本質が暴かれていっている。
と、考えています。

そして、今まで散々語ってきたスザクにとってのルルーシュを一言で表すと「スザクにとって、ルルーシュは世界(=自分)を映すための唯一の鏡だった」。つまりスザクは、ルルーシュがいないと世界の最小単位である自分自身ですら見つめることはできなかった、と。

そんな感じで、まずはスザクとユフィについて↓
スポンサーサイト

コードギアス | trackback(0) | comment(0) | 02:39


| TOP |

Recent Entry

Category

Recent Comment

Profile

銀蝋

Author:銀蝋
人種 : オタク
写真 : ボンネットはリサイクル

Monthly

Recent Track Back

Search

Link

管理者ページ

RSSフィード