FC2ブログ

一応日記みたいな感じで…

コソコソおたくの戯れ言。馬鹿なことを一生懸命やるから面白いんだ!!

2007.10
<< 09 /1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 11 >>

■ 2007/10/25 (Thu)  与え奪う愛。

何だかルルーシュの「与える愛」、スザクの「奪う愛」が自分の中で一人歩きしている気がして、ぬーたいぷの50質をもう一回見てみたよ。

ルルーシュ
Q.愛とは?
L.限りなく与えるもの。
Q.尽くすほう? 尽くされるほう?
L.想われるよりも想うことに充実を感じる。

スザク
Q.愛とは?
S.奪うものかもしれません。悲しいことだけど。
Q.尽くすほう? 尽くされるほう?
S.尽くされたいけど尽くしてしまうほうだと思います。

それで思ったんですけど、「尽くすほう? 尽くされるほう?」の質問の答えを見てみると、二人とも基本は「愛し愛され」なんですよね。ルルーシュは愛されるより愛したい人で、スザクは愛されたいけど愛してしまう、彼もどっちかというと愛す人。恐らくこれが二人の元々の性格なんじゃないかと思います。

それなのになぁんでこんな極端な「愛」観になっちゃったんだろうと思ったんですが、もしやこれは、対象を設定すればいいんじゃないのか?と考えてみました。

ルルーシュの場合、愛の対象としてはナナリーとスザク。そして彼の「愛」観を形成したのは、恐らく対ナナリーの愛だと思います。また、母を殺され父に存在否定されてから、スザクに会うまでは「愛し愛される」対象はナナリーしかいなかったってのもミソかも。ナナリー以外には、裏切られる事を前提に始めから愛を期待していないんですね。いや、期待していないどころか拒否してる。
そして、ナナリーを愛そうとするならば、ルルーシュは尽くすしかないんです。ナナリーは精神的な支えにはなってくれるでしょうが、彼女に尽くされるなんてことはありえないわけです。なので、もともと「想われるよりも想うことに充実を感じる」ルルーシュは、充実感を味わいながら限りなく与え続けることになると。

スザクの場合、愛する対象としてはルルーシュとユフィ。そして彼の「愛」観を形成したのは、ルルーシュ。
始めルルーシュは愛の対象をナナリーに限定しているので、スザクが愛されたいがために愛そうとしても、ルルーシュはその好意を受け取ってすらくれないんですね。だから強引に愛の押し売りをするしかない。でも、ナナリーを助けることでルルーシュに愛の対象として認めてもらえて、これで上手くいくかと思いきや……このとき既にルルーシュは「限りなく与える愛」の人ですから、スザクは貰うばっかりになるんです。
その上、愛の押し売りをしても、気持ちだけじゃ受け取ってもらえないんです。ルルーシュの周りは敵だらけですから、どんなにスザクの気持ちが篭っていようと、それらがルルーシュから見てナナリーやスザクにとってマイナスになるものであれば、ルルーシュは受け取らないわけで。結果的にスザクは愛すれば愛するほど奪うことになってしまう。だから「奪うものかもしれません。悲しいことだけど」となるんですね。

しかも、ルルーシュは沢山のものを持っている人間ではない。寧ろ奪われた人なのに、残った数少ない中から身を削るようにして与えるわけです。おお、なんて切ない……ルルーシュのことを想うなら、貰うほうは躊躇するよ! 今なら「学校では他人でいよう」と言ったスザクの気持ちが分かる気がします。奪わないためにせめて身を引こうと。しかしそれに対するルルーシュの答えは「友達だ」「生徒会に?」ですからね、正に与える愛。スザクにとっては嬉しいけど、悲しいと思うよ。
なので、スザクは愛を受け取ってもらえないから「片想い」なのかなーと。アーサーに対してもそうですよね、いくら構ってもウゼェって噛まれる。
よく考えてみればスザクは、STAGE6の「猫は僕が」とかSTAGE16とか、ルルーシュがピンチになると、ここぞとばかりに「俺の愛を受け取れ」とアピールしている気がします。

と考えると、ナナリーも「奪う愛」の人になってそう。なんだかナナリーが我が儘を言わないのは、ルルーシュが身を削ってまで尽くしまくるからだったりして。
でも、ルルーシュとナナリーは一応バランスとれてるんですよ。ルルーシュが愛を受け取ることを諦めている代わりに、ナナリーは愛を与えることを諦めているから。

しかし、なんというか、ルルーシュってなんて罪なやつなんだ。

↓以下は蛇足です。

スポンサーサイト

コードギアス | trackback(0) | comment(0) | 23:28


| TOP |

Recent Entry

Category

Recent Comment

Profile

銀蝋

Author:銀蝋
人種 : オタク
写真 : ボンネットはリサイクル

Monthly

Recent Track Back

Search

Link

管理者ページ

RSSフィード