FC2ブログ

一応日記みたいな感じで…

コソコソおたくの戯れ言。馬鹿なことを一生懸命やるから面白いんだ!!

2018.12
<< 11 /1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 01 >>

■ --/--/-- (--)  スポンサーサイト。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --:--


■ 2007/07/15 (Sun)  メフィストは予想以上の萌えキャラだった。

図書館を活用しようってことで、ゲーテの『ファウスト』(高橋健二 訳)、途中までですが、ざっと目を通してきました。結局借りて、ファウスト&メフィストの台詞中心に最後までざざっと目を通してみました。(訳によって印象が大分変わってしまうようなので、色々漁って好みの訳を見つけたら買ってみようかと思います。)
正直、冗談で「メフィストに萌えれば良いのか (・∀・)」なんて言っていたのですが、がっつり萌えさせられました。彼をメフィって呼んで捏ね繰り回したいw
メフィ可愛いよメフィ・・・・・・(*´д`*)

手塚氏もメフィストに萌えて、『百物語』のスダマちゃんを描いたのかな、なんて邪推したりしてしまいました。いやあの、男からしてみれば「これで女だったら最高なのに!」ってなるのかなぁと(笑)

そうそう!
調べてみたら、スダマちゃん萌え!って方は結構いらっしゃるようです。でも、メフィスト萌え!!ってのはなかなか見つからない; なんというか、そういう俗な視点で見てる方が少ないんですよ……
別に高尚な文学だと思わずに萌えればいいのに……!!
「便所の落書きだと思えばいいんだ」と言ってる方もいるんですから(笑)

でも、俗な見方をしてる方もいらっしゃった!
ファウストはヘタレダメ男だとか、マルガレーテはツンデレだとか、メフィストはファウスト好きだとか。そして、極めつけは「マルガレーテのメフィストに対する嫌悪は、“恋人(ファウスト)の親友”に対する嫉妬も含んでいたのではないか」と。好きです!こういうの!!

あと、「文学世界のいい男って言ったらメフィスト! ロミオなんてあんな気障ったらしい口説きに落ちるジュリエットは理解できない」とおしゃってる方も見つけました。(ロミジュリ読んだこと無いんですが、あの気障な台詞を見た感じ私も苦手です。背中がかゆいというか。)さらに、「ファウストはマルガレーテでなくなんでメフィストと寝ないんだ」とまで……! スゲェ……!!
こういう発想は好きですけど!!個人的には、ファウストの気持ちが全くと言っていいほどメフィストに向いていないところがいいと思います。(ファウストはホント我侭放題なんだけど、メフィは基本的に面倒見がいいようで、かわしたり煽ったりあきれたり厭味を言ったりしつつもなんとかしてあげる。ファウストはそれにまた文句を言う。なんだかんだいって結構いいコンビ。)

メフィストがいい男かはともかく、性別を超えて凄く魅力的だと思いますね?

以下、好きな場面とか台詞とか。
兎に角、この場面でメフィのイメージが変わりました↓
ファウストを誘惑した帰り、ペンタグラムが邪魔で部屋から出られなくなったと言い出すメフィ。なんかもう、仕掛けてもいない罠に引っかかったようなもの。意外や意外、彼はドジッ子だったのです。
折角悪魔を捕まえたのだから、色々話がしたい。というファウストに、メフィは「今日は帰して!またすぐ来るから、そのときは何でも話すから!」と、のたまう。
お前何処の乙女だよ!!
(結局ファウストには聞き入れてもらえず、実力行使して帰る。)
なんでそんなに帰りたがるのかと思っていたら、次に来た時に彼は
「あなたのふさぎ虫を追っ払うために貴公子の姿でやって来ました。」

っていうんです。
もしかして、オサレして来たかったのか!!?(なんかもうツッコミまくりな私)


他にも、色々。良いなって思った台詞抜粋。

「悪魔ときみぼくの間なのに炎を怖がるんですか。」

「わたしゃさっそく悪魔に身をゆだねたいところです。
自分が、悪魔でなかったら。」

「そして高尚な直感を――口では言いかねますが、

(ある身ぶりをして)

こんなことでしめくくろうというのでしょう。」

「ああ、母たち!母たち! ファウストをかえしてくれ!」

この「母たち」って「イデア」に似てるなんて思ったんですが、そんなの私ぐらいかな。(読んでいない人には意味不明ですみません;)
「それみろ! ばかをしょいこむと、けっきょく、悪魔でもひどい目に会う。」
スポンサーサイト

感想・妄想・考察? | trackback(0) | comment(4) | 04:35


<<なんだこのダークフォース | TOP | 久々に書き進めています。>>

 

comment

 また、やまと中尉です。連続コメントすみません。
 今度は『ファウストの同人』でググッたらこちらにたどり着いてしまいました。そして、あまりにも嬉しすぎることを書いていらしたため、失礼を承知で連続コメントさせていただきました。どうかおゆるしくださいませo(_ _)o


>いやあの、男からしてみれば「これで女だったら最高なのに!」ってなるのかなぁと(笑)
★その考えはズバリ自分であります!!銀蝋さん、あなたとは本当に気が合いそうだッ!!!

>メフィスト萌え!!ってのはなかなか見つからない;
★そうなんですよね……、ググってみても、なかなかいないんですよね……。っていうか、ファウストの二次創作同人誌を探していたらこちらにたどり着いたというわけなんですが。ですから見つかりましたよ。銀蝋さん、あなたが同士です!!(感動の号泣)

>ファウストはヘタレダメ男だとか
★ヒキコモラーな彼を外に連れ出そうとするメフィストは、しっかり者のお姉さんタイプだと読みながら思ってました☆(^^)

>メフィストはファウスト好きだとか
★そうそうそうそうそう!!ファウストを助けたり困らせたりしてしまうのも、きっと好意ゆえだと思うのですよ!!素直じゃない黒ツンデレの彼が大ッ好きですッ☆


 自分も一時期メフィストたんをメフィと呼んでいた時期があります。(なぜか今はめる子と呼んでいる自分。なぜだろう;)
 本当に彼イイですよね!もうっ、萌え萌えのメロメロですっ☆(≧w≦)

2007/10/31 16:06 | やまと中尉 [ 編集 ]


 こんにちは、やまと中尉さま、初めまして!
 連続コメント等構いませんのでお気になさらず。お返事はまとめさせて頂きますが。こちらこそお待たせしてすみません。
 メフィスト萌えの同士とめぐり合えるなんて、私も感動です!! 本当に彼はイイですよね! 優雅で巧みな弁舌に、妙に色気のあるところや、狡猾でいてちょっとドジなところとか、もうメフィストにメロメロです!

 そして、第一部読破おめでとうございます! 第二部は、より我が儘度の増したファウストにメフィストが尽くしまくりですよ。第一部ではメフィストが悪魔らしくファウストをからかったり唆したりしていたのに、第二部では逆に翻弄されまくりなところにきゅんきゅんします。
 とはいえ私は、夏に高橋義久訳を購入したにも拘らず、未だ読破出来ていません。美味しいところだけつまみ食いするみたいに読んでいるところです。

>ゲーテの原作読むまでは本当に女の子だと
 女の子! そのファースト・インプレッションは何処からきたのか凄く気になります。イラスト見せて頂きました。なんだか凄く可愛らしいメフィたん! 犬耳尻尾にメイド服なあたりポイントを押さえてますね。わたしも久々に描いてみたくなりました。

>自分も一時期メフィストたんをメフィと呼んでいた時期が~
 おお!同士よ!(笑) やっぱりメフィと呼びたくなるものなんですね! 普段はメフィスト呼びですがツンデレでちょっぴりドジな可愛いところとか見ると、思わずメフィ呼びになってしままいます。メル子も可愛いです!新しい!!
 そういえば、こちら(http://www18.atwiki.jp/takaharu/pages/1154.html)はご存知ですか? VIP村人mさんの一連のレスが面白いです。ここでもメフィストがメフィに略されていたりします。

 ファウストの二次創作同人誌をお探しなんですね。私も気になってきちゃいました。確かに、ウェブで同人で現在創作活動をしている人や本を探すとなると凄く難しそうですね。が、歴史的に見ればファウストの二次創作は実は沢山あるのではないでしょうか(オペラになったりしていますし)。
 例えば、手塚治虫は「ファウスト」「百物語」「ネオ・ファウスト」と3度もファウストをネタにして漫画を描いています。私は百物語しか読んだことはないのですが、メフィストフェレス役のスダマちゃんがとっても魅力的なので、お勧めさせて頂きます。舞台が戦国時代ということで世界観が違ってビックリされるかもしれませんが、その違いに上手くストーリーを乗せていて「上手いなぁ、さすが手塚治虫」と感じました。特にスダマちゃんは今まで読んだ漫画の女性キャラの中で一番と言ってもいいほど好きです。彼女に出会わなかったらゲーテの「ファウスト」にも出会わなかったかも知れません。ツンデレで“しっかり者のお姉さんタイプ”でしかも「ご主人様」呼び、ツンデレや萌えなんて単語すら無い時代になんという萌えキャラでしょう! 主人公の不破臼人(ふわうすと=ファウスト)に恋愛感情を抱いて、嫉妬したりちょっと甘えてみたりもします。
 少し語り過ぎてしまいました(汗)興味がありましたらお手にとってみて下さい。もし、既にご覧になってたら申し訳ありませんが……。ちなみに「ネオ・ファウスト」のメフィストはセクシー系美女みたいです。

 また、「ファウスト」の影響を受けている作品も(探すのは大変だと思いますが)沢山あるんじゃないかと思います。それ以前に、主人公が悪魔的な存在と契約する話など古今東西に溢れかえっているわけですが。実は今私が熱を上げているコードギアスというアニメも「ファウストの影響を受けているんじゃないの?」と思う部分が結構あることに最近気付きまして、世界は狭いと言うか、結局好きになるものって似ているんでしょうね。

 ではでは、長々と失礼しました。私も少し暴走してしまったみたいです。同人誌、見つかると良いですね。

2007/11/03 00:18 | 銀蝋(管理人) [ 編集 ]


 やまと中尉ですこんにちは。
 あの爆走気味のコメントにお返事をいただき、とてもうれしく思います。感激です!(>w<)ゝ


>第二部では逆に翻弄されまくりなところにきゅんきゅんします。
★そ、それはものすごく期待であります!!

>女の子メフィたん
★『メフィストフェレス』っていう名前の響きだけを聞いて勝手に女の子だと思っていましたwなのでゲーテのを読んで実は男だと知ったときは微妙にがっかりしてしまいましたが、彼は男であっても十分魅力的だと今では思えます。
 それと……あのおまけイラスト見ていただいたのですね。コメントを投稿させていただいたのち、しばらく経ってから急に恥ずかしくなってきてしまって、後からその部分だけ削除してしまったのですけど、可愛いと言っていただけたのでうれしいです♪(あれは一月ほど前に描いたものだったのですが、あまりにもマニアックすぎて引いてしまわれちゃうかな?と少し心配でありました……^^;)

>わたしも久々に描いてみたくなりました。
★それはぜひ見てみたいであります!

>そういえば、こちら(http://www18.atwiki.jp/takaharu/pages/1154.html)はご存知ですか?
★こんなところがあったなんて!半ば半狂乱になりながら大喜びで読ませてもらいました!これはすごい!……メフィたんがかわゆすぎてもうお姫様抱っこでお持ち帰りしたかったです!(悪魔を誘拐したら地獄の刑務所行きでしょうか^^;)

>百物語
>メフィストフェレス役のスダマちゃんがとっても魅力的なので、お勧めさせて頂きます。
>ツンデレで“しっかり者のお姉さんタイプ”でしかも「ご主人様」呼び
>主人公の不破臼人(ふわうすと=ファウスト)に恋愛感情を抱いて、嫉妬したりちょっと甘えてみたりもします
★そっ、それは……ッ!!
 それを聞かせていただけて、とても神がかった漫画である気がいたしました。これはぜひとも読まねばなりませんね!今度探してみます!

>ファウストの二次創作同人誌をお探しなんですね。
>歴史的に見ればファウストの二次創作は実は沢山あるのではないでしょうか
>コードギアスというアニメも「ファウストの影響を受けているんじゃないの?」と思う部分が結構あることに最近気付きまして
★なるほど。
 色んな言葉でググッてはみているものの、全く出てこないのでファウストの同人誌は半ばあきらめモードに突入しているのですが、二次創作同人誌でなくても、辺りを見回してみればそれに近いものはたくさんあるのかもしれませんね。
 色々参考になりました。ありがとうございます!(^^)

 それでは、本日はこれにて失礼させていただきますo(_ _)o

2007/11/04 10:00 | やまと中尉 [ 編集 ]


 お返事遅くなって申し訳ありません。

>『メフィストフェレス』っていう名前の響きだけを聞いて勝手に女の子だと
 成る程! 確かに男らしく力強いというより、優雅でセクシーな名前ですよね。私は悪魔=男でした。キリスト教では天使も悪魔も男しかいないというイメージがあったので(実際はリリトという女悪魔がいるようですが)

>彼は男であっても十分魅力的
 私も、彼の性別に縛られない魅力が好きです! そういえば二部ではふたなりになる描写もあるんですよね、彼。

>それと……あのおまけイラスト
 はい、拝見しました! サイトの方も、お邪魔させて頂きまして。やまと中尉さまの女の子メフィたんの、青髪のセミショートが私にとっては意外で、逆にそこがデザイン的に凄く好きです。そしてその節は、URLを削除されてたことに気付かず失礼しました。
 いえいえ、マニアック上等ですよ! 私もオタクの端くれですから。

>悪魔を誘拐したら地獄の刑務所行きでしょうか
 その前にめくるめく契約期間がある筈です!

 こちらこそ、お探しの同人誌の情報は皆無ですみません……、寧ろ萌え語りに付き合ってくださってありがとうございます。

2007/11/13 07:47 | 銀蝋(管理人) [ 編集 ]











ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback url
http://side21gin.blog63.fc2.com/tb.php/109-e70bd2fb

| TOP |

Recent Entry

Category

Recent Comment

Profile

銀蝋

Author:銀蝋
人種 : オタク
写真 : ボンネットはリサイクル

Monthly

Recent Track Back

Search

Link

管理者ページ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。