FC2ブログ

一応日記みたいな感じで…

コソコソおたくの戯れ言。馬鹿なことを一生懸命やるから面白いんだ!!

2018.11
<< 10 /1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 12 >>

■ --/--/-- (--)  スポンサーサイト。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --:--


■ 2007/10/16 (Tue)  我が家の「検索避け」事情を語ってみるよ。

サイトの注意書きとか」の続きです。

まず、我が家の検索避け方法の変化をまとめてみる。1→2→3の順です。

1.インデックスに「ロボットさん拾ってください」のメタタグ
<meta name="Keywords" content="?" lang="ja">
<meta name="description" content="?">
2.全頁ロボ避けメタタグだけ
<META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOINDEX, NOFOLLOW">
3.全頁ロボ避けメタタグとロボテキ(robots.txt)

これで今まで「ロボット検索に拾われて困った」なんてことは一度もありません。サイト名で検索してみても拾われてるのは登録したサーチだけで、サイト自体は出てきませんし。
一日のヒット数は時期によって全然違いますが、0?30人くらいに思ってもらえれば。

中にはMETAタグを唸るほど入れてる方がいらっしゃるけれど、寧ろ逆効果じゃないのかなぁ。ロボットが全てのメタタグを懇切丁寧に読んでくれるとは思えません。しかし、どうなんだろう、謎。
あと「グーグルのロボット避けは他のロボット避けとは違うんだよ」みたいな迷信がまかり通っているのは微妙な気分になります。
メタタグを使ってロボ避けするなら以下のページぐらい読んでおこうよ、って思うときが。
メタタグを使用してページをブロックまたは削除する」 - Google ウェブマスター向けヘルプ センター
特定のページ、キャッシュを検索結果から削除したい」 - Yahoo!検索 サイト管理者向けヘルプ

以下は事の経緯をグダグダと↓
私が初めて二次創作801系同人サイトを作ったのは2004年の終わり頃ですが、その頃は検索避けをする文化なんて無かった気がします。知らなかっただけかもしれませんが。
検索避けタグを入れよう」を知ったのはいつだったか良く覚えていませんが、「とりあえず入れてみるか」くらいの気持ちで入れた記憶が。だってね、それまでインデックス(index.html)に「拾ってくださいタグ」入れてたのに、ロボット検索サイトからの訪問者なんて、アクセス解析見た限りじゃ確認できなかったんだもん。
そして、このときからずっと「インデックスは検索避けしなくてもいいんじゃないのか」ともやもやしておりました。「だって、うっかり検索から来ちゃった同人とか知らない人の為にあんな長々とした注意書きを置いてるんでしょ?」って。
しかし、どうやらだんだんと同人サイト自体隠れなきゃダメーって言われ始めて、「そうなのか?」って首をかしげているところに「オンラインブクマ禁止」が問題になって、もう1度検索避けについて調べたんですね。そして、ロボテキ置いてみるか、と。
.htaccessに関しては、昔素材サイトやっていたときに「失敗するとサーバーに負担が掛かるからシロウトはいじるな」と言われているのを見たことがあって、腰が引き気味だったんですが、404 Not Foundをカスタマイズしてみました。迷子になってもインデックスに戻れるように。

で、今も「インデックスは検索避けしなくてもいいんじゃないのか」と思いつつ、全頁検索避けしてます。単に、ロボテキを書き換えるのが面倒なのと、他サイトへのリンクをインデックスに設けてるから。でも検索除けとかオンラインブクマとか気にしてそうなサイト様には繋げないんですけど(チキン)。

こんなところです。
スポンサーサイト

腐女子とサイト・ネット | trackback(0) | comment(0) | 18:39


<<これは、作りたくなる!!! | TOP | スザクは動機を見ないよね>>

 

comment










ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback url
http://side21gin.blog63.fc2.com/tb.php/150-9d6b0a0a

| TOP |

Recent Entry

Category

Recent Comment

Profile

銀蝋

Author:銀蝋
人種 : オタク
写真 : ボンネットはリサイクル

Monthly

Recent Track Back

Search

Link

管理者ページ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。