FC2ブログ

一応日記みたいな感じで…

コソコソおたくの戯れ言。馬鹿なことを一生懸命やるから面白いんだ!!

2018.11
<< 10 /1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 12 >>

■ --/--/-- (--)  スポンサーサイト。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --:--


■ 2007/10/31 (Wed)  女体化は未知の世界。

私にとって未だ謎に満ちた女体化について語ってみます。

腐女子初心者の頃は、女体化って「朝起きたら女の身体になっていた」などの期間限定物しか無いと思っていました。これは、中身は男で身体は女っていうギャップを楽しむものですよね。違和感を楽しむというか。
このタイプでは、かつて、受け攻め固定のカップリングの攻めが女体化する小説を読んで「超面白い!」と興奮しました。「ピーが無いとXXX出来ない」と嘆く攻めって良いじゃないですか! 受け入れる覚悟をした途端、男に戻ったりとか。私は好きです(笑) ある程度リバ有な人じゃないとこういう萌は難しいんでしょうか……

原作沿いで「実は女であることを隠して男のふりをしている」は最近知りました(これも面白かった)
「攻めは受けが女であることを知っている」「攻めにバレる」とバリエーションはそんな感じかなぁ。この場合、攻めが女体化って見たこと無いです。なので、考えてみました。攻めに受けが女だとバレて、それでもお互いの友情or愛情を確認した後に、攻めがカミングアウト。「実は俺も……」って……男装の女がそんなに居てたまるかー!!(でもちょっと読んでみたいです)

他には、パラレルで「初めから女の子」設定ですね。女体化の中でも女性化と言うらしいです。これ、凄く難しいと思うんですよ。口調をどうするかっていう問題が。僕女や俺女はやっぱりどこか違和感があるんですよね。かといって、一人称を私などに変えるとなると、オリキャラというか夢小説というか。
でもちゃんと違和感無く描いてる方も沢山いらっしゃるわけで、女体化って奥が深いよなぁと思う次第です。

ここまで書いておいて、実は女体化はあまり得意でなかったりします。得意ではないというか、自分では全くと言っていいほど女体化妄想をしないんですね。脳内でキャラクターを女体化する器官が欠如しているというか(笑)
だから「書けないけど読む派」かなぁ。女体化したキャラクター自体に萌えるんじゃなくて、女体化後のストーリーに萌えて読んでるのかもしれません。
女体化小説より女体化漫画の方が違和感が少ないんですが、それは女体化後のキャラクターの容姿を自分でイメージする必要が無いからかもしれないです。
あと、女体化小説を読んでいるときにごく偶にやるんですが、いつの間にか女体化であることを忘れていて、女だよっていう描写が出てきたときに「あ!そうだ!この小説は女体化ものだった!」とかアホな勘違いをしてしまうことがあります。

「女体化するくらいなら、手術して性転換の方が萌えるよ! その覚悟と取り返しのつかない感じが!」なんて妄想する私のような人間には一生分からない萌なのかもしれません(色々と間違ってる)
スポンサーサイト

腐女子とサイト・ネット | trackback(0) | comment(0) | 20:15


<<ルルーシュとスザクと恋と愛と | TOP | 与え奪う愛>>

 

comment










ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback url
http://side21gin.blog63.fc2.com/tb.php/159-eeaff8f3

| TOP |

Recent Entry

Category

Recent Comment

Profile

銀蝋

Author:銀蝋
人種 : オタク
写真 : ボンネットはリサイクル

Monthly

Recent Track Back

Search

Link

管理者ページ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。